1. HOME
  2. 障害年金ってどうしたら受給できるの?
  • 障害年金ってどうしたら受給できるの?

    2017.4.7

    障害年金を受給するためにはいくつか条件があります。

    1、初めて医師の診察を受けた日(初診日)に「国民年金」や「厚生年金」に加入していること。

    2、初診日の前日までに一定の保険料納付要件を満たしていること。

    3、障害認定日に、障害の程度が一定の基準以上であること。

    この「一定の基準」というのは法律にて各障害ごとに細かく決められています。

    これらの条件に該当する場合は、さまざまな書類を集めて「年金請求書」を申請窓口に提出します。

    ※必要書類※

    ・「受診状況等証明書」←初診日の証明の為に必要です。
    ・「診断書」←障害の状態の程度を知る為に必要です。
    ・「病歴就労状況等申立書」←障害状態の申し立てです。唯一「ご本人さまの言葉」で訴えることができるとても重要な書類です。
    ・「年金請求書」
    ・「住民票」「戸籍謄本」「年金入金口座の写し」など。
    その他、「加給年金」が付く場合はそれぞれの証明の為の書類が必要です。

    それぞれの書類には書き方に関する細かいルールがあります。
    特に各書類の「日付」や「病歴就労状況等申立書」「診断書の内容」には細心の注意が必要で、実際とは異なる記載により「不支給」となってしまうケースもありますので障害年金の専門家である社会保険労務士に任せていただくのがお勧めです。

お問い合せ