1. HOME
  2. 障害年金知識
  3. 障害年金の請求をしましたが不支給でした。 どうしたらよいですか?
  • 障害年金の請求をしましたが不支給でした。 どうしたらよいですか?

    障害年金には審査がありますから、不支給となる方もいます。
    さて、この後はどうしたらよいでしょうか。

    不支給の処分を受けた後に取る手段は2つあります。

    審査請求と再審査請求

    審査請求は「不服申立て」と呼ばれることもある手続きです。

    決定された処分に対して不服がある時は、その決定があったことを知った日の翌日から数えて3ヶ月以内に文書または口頭で、都道府県の地方厚生局に配置されている「社会保険審査官」に「審査請求」を行うことができます。

    この審査請求の決定になお不服があるときは、審査官の決定書の交付を受けた日の翌日から数えて2ヶ月以内に厚生労働省に置かれている「社会保険審査会」に「再審査請求」を行うことができます。

    「審査請求」「再審査請求」いずれにしても国が一度決定した処分に不服を申し立て、処分を覆すことは非常に骨が折れる難しい作業となります。

    最初の請求時に提出された診断書などの書類はすべて年金機構で保管されており、一度提出した診断書などを差し替えることは非常に難しいです。そのため提出時の書類の内容の確認には細心の注意が必要です。

    再請求

    一方でその請求をあきらめて再度請求を行うという方法もあります。最初に行った請求に関する一連の流れをもう一度行って、再度年金事務所へ裁定請求書を提出するという方法です。
    この際に、最初に不支給だった理由をよく考えて、もし診断書の内容に問題があったり、当時よりも症状が重くなっているようであれば実際の病状や生活状況に即した診断書を提出することが重要になります。


お問い合せ