1. HOME
  2. 運営者ブログ
  3. 教えてあげてください、障害年金のこと
  • 教えてあげてください、障害年金のこと

    2018.10.31カテゴリー: 運営者ブログ, タグ: 障害年金

    ご面談時など時間に余裕がある際には
    「障害年金のことはどこでお知りになったのですか」とうかがうようにしています。

    職場の人に聞いた
    雑誌で見た
    病院の先生に教えてもらった
    役所に置いてあるリーフレットを見て知った 

    など、様々です。

    ちなみに私は社労士試験の受験勉強の知識の中で「障害年金」の存在を知りました。
    (受験勉強以前は障害年金どころか老齢年金の知識さえあやふやでした。)

    障害年金の存在を知って認定日請求(遡及請求)ができればとてもいいのですが、
    実際にはなかなか難しいのが現状です。

    障害認定日が古すぎて診断書が残っていない
    診断書が残っていても、当時のお体の状態が障害認定基準に達していなかった など。

    そうすると事後重症請求(これから先の分の年金の請求)という手段を取らざる得なくなるのですが
    ここでもたもたしてしまうと本来受給できるはずの年金額がどんどん減ってしまうことになります。

    障害認定日では障害状態には至っていなかったようだけど、
    もっと早く請求していれば今頃は経済的な不安は少なかったのではないか

    そんな風に考えることもしばしばです。

    単純に障害年金の制度自体を知らなかったために請求が遅れてしまうのは非常に残念です。

    もし身近に、体調が優れなくて働けない、日常生活についても援助が無いと厳しい
    そんな方がおられましたらぜひ「障害年金」の存在を教えてあげていただきたいです。

    また、障害年金に該当するかどうかについては単純に傷病名だけでは判断ができませんので
    お気軽にご相談くださいませ。


お問い合せ