1. HOME
  2. 運営者ブログ
  3. 家族になろうよ
  • 家族になろうよ

    2018.7.31カテゴリー: 運営者ブログ, タグ: 徒然

    朝、お弁当を作りながら福山雅治の「家族になろうよ」の歌詞を聞いて、
    ジーーーンときてしまった鈴木です。(T_T)

    「どれほど深く信じあっても
    わからないこともあるでしょう
    その孤独と寄り添い生きることが「愛する」ということかもしれないから」

    っていう歌詞がピンポイントでツボでした。

    障害年金業務とは全然違う私的なことでなんですが、最近深く傷つき、落ち込む出来事に遭遇しました。
    今後どうしたらよいかわからなかったので、夫にも正直に話して相談しました。
    ただ、こんなことになってしまって、夫は私と結婚したことを後悔しているのではないか、
    いや、後悔して当たり前だ。
    本当に申し訳ない、と深く落ち込みました。

    でも、夫は「いろんなことがあるよ~~」と言って寛大な心で受け止めてくれました。
    とても有難かったけど、それど同時に夫の優しさに甘えてはいけないし、かえって申し訳ない気持ちも増しました。

    「家族になろうよ」の歌詞はとても深くて、私には全部は理解できませんが「家族」ってただ結婚して子供をもうけることでなれるものでは無いんだな、とぼんやりと思いました。

    障害年金業務を通じて、色々なご家族、ご夫婦とお話をさせていただく機会が多くあります。
    それぞれ大変なご病気を抱えられて、「大変なご状況」という一言ではとても片付けることはできません。
    それぞれのご状況で、皆さん強い絆で支えあっておられる姿にはいつも心を打たれています。

    夫の言うように、きっと私たちにも色々な出来事が起こりうることでしょう。
    その時により強い絆で相手を支えることができるように、私自身ももっと強くならないといけません。
    母としても人間としても。
    まだまだ全く自信はありませんが、ちょっとずつ進化を遂げることができますように。


お問い合せ