1. HOME
  2. 運営者ブログ
  3. メンタル崩壊
  • メンタル崩壊

    2018.3.23カテゴリー: 運営者ブログ, タグ: 子育て

    育児に関する記事が続きます。
    興味が無い方には誠に申し訳ありません。
    (しかも長いです。)

    今日で生後70日。
    毎日毎日が目まぐるしく過ぎていきますが、今までで一日だけ自分が自分で無い日がありました。
    前に書きましたが、何度もおっぱい拒否をされた日。
    (※おっぱいを近づけると手足を激しくばたつかせて泣き叫び、手で振り払って拒否する。)

    この日はおっぱい拒否をされたということ以外にも泣きグズリがひどく、この二つの事柄が私のメンタルを激しく崩壊させました。
    どこからどう湧き上がってくるのかわからないけど、自分の子供が可愛いと思えない。
    可愛いと思えないどころか、床に叩きつけてしまいたい、イライラして叩いてしまいたいという衝動。
    この子は何にも悪くないしまだ赤ちゃんで何もわからないのに、どうしてこんな気持ちになってしまうんだろう。
    なんとか自分の黒い気持ちをグッと抑え込んだけど、つらくてつらくて仕事中の夫と会津に住む義理母にLINEしました。
    二人とも驚いたんでしょう、すぐに電話をくれて話を聞いてくれました。

    ぐずられるのも辛いけど、何より精神的に追い込まれたのはおっぱい拒否。
    この問題は深刻だと実感し、すぐに市の助産師さんに電話して状況をご説明し助けを求めたところ翌日の午前中に自宅に来てくれることになりました。
    (この約束を取り付けたことで、神助産師さんならきっと問題を解決できる!と少し安心。)

    少し冷静になって考えると、何事も真面目に一生懸命取り組む性格である私は、例え我が子であっても自分の頑張りを受け入れられなかったことが許せなかったのでしょう。
    自分自身が拒否されたような、激しい怒り。
    自分の子供だからこそ許せない。
    でも、そんなの私の我儘、母としてというより人としてどうなの?
    自分の子供だからといって、自分の思い通りになるわけはない。
    全て頭ではわかってはいても、自分の感情を抑えられない。
    涙をこぼしながら自分を責めました。

    その日は夫の仕事が多忙な時期であったにもかかわらず、心配して仕事を早退し、しかも高速を使って帰宅してくれました。
    夫の優しい気持ちは嬉しかったけど、夫の仕事の邪魔をしてしまっている自分、いい年をしてちゃんと母親業ができない自分に更に落ち込み、帰宅した夫に泣きながら謝りました。

    翌日の神助産師さんの訪問と授乳テクニック、アドバイス、優しさで救われてまた笑顔を取り戻すことができたけど・・・

    夫がもし育児や妻である私、そして子供に関心の薄い人であったら?
    身近に何でも相談できる助産師さんの存在が無かったら?

    メンタルが崩壊した私は、産後うつになってしまいいつか本当に子供に手をあげてしまったかもしれません。

    きっかけは何であれ本当に子供に手をあげて虐待してしまうかどうかは、それは身近に子育てについて親身に相談にのってくれる人、手を差し伸べてくれる人がいるかどうか、それに尽きるなぁと背筋が凍るような出来事でした。

    地域地域に「ファミサポ」など子供を預かってくれるサービスもあるのですが、心が追い詰められるとそこに電話して助けを求めることさえ思いつかなかったり、出来なかったりするものなんですよね。
    (※実際に、産後は心身に余裕が無く、電話一本かけることさえ大変な労力を使います。)
    私自身もまだ登録できていないので、できるだけ早く申し込みしたいと思っています。

    今日は大変長文で、私という人間の情けない所、ダメな所を晒してみました。
    こんなダメ人間である私も、回りの人の協力や優しさでなんとかやっています。^^;;
    なんらかの力や励みになれば幸いです。
    ならないかな。^^;;

     

    ↓眠っている時は天使なんだけどなかなか寝ない。^^;;


お問い合せ