1. HOME
  2. 運営者ブログ
  3. 20年前のカルテが有った話とか支給決定のお知らせとか
  • 20年前のカルテが有った話とか支給決定のお知らせとか

    2017.9.13カテゴリー: 運営者ブログ, タグ: 障害年金

    またもやよいお知らせが続いております。^^

    まずは、20年前頃のカルテが見つかったお話です。
    通常、医療機関でのカルテの保存義務は「5年」とされていますので、平成10年頃のカルテが保存されてあったのは非常にありがたかったです。

    たまたまその病院が夫の地元の病院だったので、病院の名前を夫に話したところ、

    「その病院、オレが子供のころ喘息で通院していたけど、その頃すでに自動受付機だったよ。
    だから古いカルテもきちんとあるんじゃないのかぁ~」←夫の地元では相当大きな病院であるとのこと

    「自動受付機と古いカルテの保存はまた別の話じゃないのかな~。どうかな~。」

    「う~~ん。そっか~~」

    などと、夫婦の間でも物議をかもし出した「カルテの有無事件」ですが、無事収束を迎えました。
    古いカルテをきちんと保存してくださり、また当方の突然の依頼にも丁寧にご対応いただき、カルテを探してくださる医療機関さまには毎回頭が下がる思いです。
    無かったら無かったで別の手段を考える方向でいましたが、原則通りに初診日の証明がきちんと取れるのが一番です!^^

    更に、6月に請求したお客様から3か月も経たない間に支給決定のお知らせをいただきました。
    早い!!!
    早くても、今月末くらいかなぁ~と予想していたのですが、今月上旬にはすでに証書が届いたようです。
    等級も、目標通りに「障害厚生年金の2級」とのことで、本当にホッとしております。^^

    障害年金業務は難度が高く、実は結構地道な作業が続いたりと苦しいと感じることもありますが、支給決定のお知らせをいただいた時が一番喜びを感じます。

    昨日、今日とでまた請求準備を進めています。^^
    受給が認められるますように、と精一杯丁寧に請求書を仕上げております。

     

     

     


お問い合せ